表門

伏見の御香水
(フシミノゴコウスイ)


京都府京都市

平安時代に、境内より香りのよい水が湧き出し、この水を飲むとたちまち病が治り、清和天皇から「御香宮(ごこうのみや)」の名を賜りました。

豊かな水からは、麩、豆腐、ゆばや酒づくりがあります。酒は、伏見の酒と呼ばれ、伏見の一帯に沢山の酒蔵が立ち並びます。

京都府の名水百選  京都府/磯清水伏見の御香水

境内

「御香宮(ごこうのみや)」の由来

前ページへ戻る
▲上へ