車道のすぐ脇のにある雄川堰の流れ
名水百選/雄川堰
(オガワゼキ)

群馬県甘楽郡甘楽町小幡

寛永19(1642)年、織田氏三代信昌が甘楽町小幡に築造した陣屋は、大手門を境に、雄川と雄川堰にはさまれた東西約600メートル、南北約760メートル、周囲約2900メートル、面積約34ヘクタールに及ぶ地域に藩邸を中心に、60余りの藩役所、武家屋敷と二つの神社を構え、各々に雄川堰の水を分配する広大なものです。

その名残を感じさせる堰の沿いには、かんら銘木十選に認定された56本の桜・ソメイヨシノの並木があり、城下町小幡並木のシンボルとなっています

雄川堰の近くには、大正15(1926)年製糸工場甘楽社小幡組の繭倉庫として造られたレンガの建物があり、今は甘楽歴史民族資料館となっています。今も城下町の面影の残る風景です。

[ 名水百選ガイド ]名水をたずねて/地図へ
[ 観光参考ガイド ]各地の風景前へ戻る


雄川堰/群馬県甘楽郡甘楽町小幡
銘木十選に認定されたソメイヨシノの並木 甘楽歴史民俗資料館レンガ造りの甘楽歴史民俗資料館[詳しく]