ひとつの桶の味噌は6トン
各地の風景/八丁味噌
愛知県岡崎市八帖町



東海道と矢作川がまじわり、良質な大豆・塩・天然水に恵まれたこの地で八丁味噌はつくられます。 大豆と塩のみを用いて大きな木桶に仕込み、代々使い続けてきた石を山に積み上げて重石とし熟成をさせます。 ひとつの桶の味噌は6トン、のっている石は3トン、2年かけて熟成され、 八丁味噌の伝統の製法によって生まれた独特の酸味、渋味、苦味のある濃厚な風味を特徴としています。
八丁味噌 蔵の風景
のっている石は3トン、2年かけて熟成され
木桶
史料館として公開