日本の灯台50選 19/犬吠埼灯台
千葉県銚子市犬吠埼



犬吠埼灯台(イヌボウサキトウダイ)は、イギリスの技師リチャード・ヘンリー・ブラントンの設計、監督の下に明治7年(1874年)11月15日に完成しました。

地上からの高1.3メートル、水面からの灯火約52.3メートル、国産レンガで造られた初の灯台です。 灯台には、19万3000枚のレンガが使われ、レンガ造りの建築物としては、日本一の高塔として、また第一等四面レンズを通じて 110万カンデラの光を発し、名実ともに日本一の灯台です。

犬吠埼灯台は、のぼれる灯台であり、となりには資料展示館があります。初点燈時に使われていた大型レンズや建設に使用されたレンガ、国内初の霧鐘などたくさんの展示品が見学できます。

点灯/明治7年11月15日
高さ/31m( 海面から灯火まで52m )
日本の灯台50選 19/犬吠埼灯台