湧水群のひとつ 花の谷湧水
平成の名水百選/尾瀬の郷片品湧水群
(オゼノカタシナユウスイグン)
群馬県利根郡片品村



尾瀬・日光国立公園のある片品村全域にある湧水は、2000メートル級の山々から長い時間をこえ、湧水群となって涌きだします。

尾瀬、丸沼、菅沼、武尊に囲まれ、面積の約9割を山林がしめる片品村は、さまざまな花々が自生する豊かな大自然が守られています。

湧水群のひとつ 花の谷湧水は、片品村自生品種の花木や尾瀬の水辺、丸沼の高原、武尊の牧場をイメージした花の谷公園の園内であり、伊閑町の清水は地域の生活水として利用されています。

武尊の恵水(ホタカノミグミ)は武尊山でろ過された湧水で「花の駅・片品」にあり、伝説では傷ついたイノシシや鹿などが、山から下りてきて水を飲み体を癒したと伝えられています。「花の駅・片品」にあるは温泉もあります。山の自然に囲まれた露天風呂は開放的で気持ちよさ満点。また温泉上がりには是非、花豆のジェラートを。
武尊へ続く風景
武尊の恵水は武尊山でろ過された湧水
名物 花豆ジェラート
花の谷公園の園内にあります