お鷹の道・真姿の池湧水群
名水百選/お鷹の道・真姿の池湧水群
(オタカノミチ・マスガタノイケ)
東京都国分寺西元町



国分寺市内の村々は、尾張徳川家の御鷹場として指定されていとことから、いつの頃からか「お鷹の道」と呼ばれるようになりました。
国分寺の湧水群は用水となって、お鷹の道沿いを流れます。
湧水池の中の一つである真姿の池は、不治に侵された玉造小町がこの地を訪れ、池の水でたちどころに病が癒え元の姿に戻ったことから、人々はこの池を真姿の池と言うようになりました。
お鷹の道・真姿の池湧水群
お鷹の道・真姿の池湧水群