頂上はもう少し
各地の風景/山寺立石寺
山形県山形市山寺



山寺は、正しくは山寺立石寺(ヤマデラリッシャクジ)といい、貞観2年(860)慈覚大師が開いた天台宗のお山です。

境内には、松尾芭蕉が元禄2年(1689)に詠んだ「閑かさや岩にしみ入る蝉の声」の名句が刻まれています。

奥の院まである石段は八百余段、数十メートルの岩の上に立つ堂塔や、数百年の樹林の間に、貴重な文化と自然が一体となり、清々しい気分です。
五大堂
奥の院までへの石段
境内案内図